Loghy

h1イメージ

Loghyの強み

ソーシャルログイン機能を追加

Loghyは、既存のWebサイトやアプリケーションに「LINE」「Google」「Yahoo!Japan」「Facebook」「Twitter」「Apple」のSNSプラットフォームに対応したソーシャルログイン機能を追加できるツールです。

それぞれのSNSのアカウント情報を取得することにより、会員登録を行うときにフォームに自動反映する「フォームアシスト機能」を搭載している点が特徴。フォームへの入力の手間を削減し、新規会員登録率とCV率の向上を目指せます。

SNSアカウントを活用してサービスの継続利用を促進

ログイン時に使用するIDやパスワードは忘れやすいものですが、Loghyを活用することによりSNSアカウントを使用した再ログインが可能になります。この機能によって再ログイン率を向上させ、サービスの継続利用を促せます

加えて、ソーシャルログインにより取得したSNS IDは、自社会員IDと紐づけられます。One to Oneマーケティングに活用することも可能です。

費用
  • 初期費用:30,000円(税不明)
  • 月額費用:32,500円(税不明)
トライアルの有無記載なし
サポート体制専任スタッフにより導入まで徹底サポート

Loghyの機能一覧

Loghyの機能紹介画面キャプチャ
画像引用元:Loghy公式HP
(https://www.sns-loghy.jp)

Loghyの導入により、それぞれのお客さまが使い慣れたSNSを使用してログインが可能となる仕組みを取り入れることができます。ユーザーがより便利にサイトやサービスを利用できることができるようになり、ログイン数の向上を目指せます。

標準機能

  • 複数のSNSプラットフォームに対応したソーシャルログイン機能
  • フォームアシスト機能
  • 仕様変更

オプション

公式HPに記載がありませんでした。

PickUp
ECサイトにおすすめの
LINEマーケティングツールとは
イメージ

ECサイトの訪問につながるきっかけは
LINEで作れます!

LINEとECサイトを連動させることで、売上アップにつながる施策が打てることを知っていましたか
ここでは、LINEマーケティングツールを使ってECサイトとLINEを連携させるメリットから、課題を解決できるツールまでまとめて紹介。

業界にかかわらず、ECサイト運営担当者はぜひ参考にしてみてください。

ECサイトにおすすめの
LINEマーケティングツールを見る

Loghyの導入事例

Loghyの導入がメンバー登録を後押し

新潟の新聞社にてLoghyを導入した事例です。

同社では、県外に出た若者が新潟に帰ってくるために、永続的につながる仕組みとして「にいがた鮭プロジェクト」をスタート。このサービスを開始するにあたって、Loghyを導入しています。

Loghyを導入してサービスを開始後、当初目標としていた年間1,000人のメンバー登録は短期間でクリア。メンバー登録数の半分はLINEからの登録だったこともあり、Loghyの導入がなければこの半分もメンバーを獲得できなかったのではないか、と分析しています。

LINE IDの連携数が前年よりも増加

通信販売を中心としたサービス提供を行っている企業での導入事例です。

同社ではECサイトも複数運営しており、その中の一つでLoghyを導入。サイトへのログインの手間を省くとともに、LINEとの連携も行っています。導入後は新規のLINE ID連携数が前年同期比+117%になるといった成果を上げています。

また、導入にあたってインキュデータによる手厚いサポートを受けられているといった点についても高く評価しています。

Loghyの運営会社情報

会社名インキュデータ株式会社
所在地東京都港区海岸1-7-1
営業時間/定休日公式HPに記載がありませんでした。
電話番号公式HPに記載がありませんでした。
公式HP URLhttps://www.incudata.co.jp
ECサイトをさらに良くする
LINEマーケティング
ツール3選

ECサイトとの連携が可能なLINEマーケティングツールの中から、LINE活用の目的別に3つのツールをご紹介します。
集客に使うもよし、コスト削減に使うもよし、ブランディングに使うもよし。
自社に合ったツールを選んで、ビジネスをさらに加速していきましょう!

コスメやサプリ向け
認知拡大や購買意欲アップ
に活用したいなら…
  • カスタムプロフィール登録による細かいセグメントでの配信ができる

「Poster」
おすすめ!

アパレルや雑貨向け
実店舗連携や顧客管理
に活用したいなら…
  • POSレジや基幹システムとの連携をイチから開発し、業務効率化も図れる

「KAKERU」
おすすめ!

家具や家電向け
問い合わせ対応やトーク
に活用したいなら…
  • チャットボットと有人対応を併用し少人数で大量のトークを管理できる

「CS Cloud」
おすすめ!

【選定基準】
2023年2月23日時点「LINEマーケティングツール」と検索して表示された44ツールのうち、ECサイトとの連動が可能な9社の中から3つをおすすめ。
・KAKERU・・・唯一機能のカスタマイズが可能であり、基幹システムとの連携開発にも対応するツール
・Poster・・・独自のカスタムプロフィールを登録させることができ、より細かいセグメントでの配信が可能なツール
・CS Cloud・・・唯一自動応答と有人対応を同時に使用した問い合わせ対応が可能なツール